耐震リフォーム完成までの流れを知りたい人には必読!

耐震工事で、初めてのオープンハウス耐震工事チラシ

施主さんが「古い家なんです」と恐縮したようにおっしゃいますが、
今回リフォームした家も42才。

古くない!まだまだお手入れすれば綺麗になれるのだ!
若い者(新築)にはない魅力もあるのだ!

高齢化進む日本で、家だけが築年数が上がっていかないのはおかしいぞ。
42才・・私より年下の家が古いと言われるのはちょっと複雑なのです。

普段は住みながらの工事も多い耐震リフォームですが、
今回はリフォーム終わってからのお引越しということで、耐震リフォームの方法も
わかりやすく伝えるべく、初めてのオープンハウスを行いました。

模型を作りました。

このように、釘だけで柱と壁を接合している場合、
横から力が加わると動いてしまいます。

しかし、筋かい(筋違い・筋交い)を入れれば、動かなくなり
合板を貼れば更に強い壁になります。

ただし、家全体のバランスを考えて壁を入れること、
壁の下に強い力を受けても壊れないサイズの基礎や梁があることが重要です。

梁のサイズは「日本住宅・木材技術センターが発行している
スパン表で計算することができます。


このようにリフォーム後の壁の前に、どのように耐震工事が行われたかの写真パネルをおきました。実際の金物も展示しました。
具体的な補強方法を説明します。

写真③
5 1F-7
壁を取ったところです。

写真④
7 アンカーボルト
柱金物や補強の短冊金物、壁と基礎をつなぐアンカーーボルトを入れます。(写真の旧アンカーボルトは土台に挿してあるだけでナットがありませんでした。)

写真⑤
6 1F-7-合板
その上に合板を貼ります。

既存の壁があるために教科書どおりの位置に
アンカーボルトが打てなかったり、新築と同じようにはいきませんが、
その分計画する強度に余裕を見て計算しています。

写真⑥
17 旧羽子板
旧い羽子板金物は、そのものの強度がなかったり、既定の金物でとまっていなかったりします。(写真は普通の鉄釘で打ってありました。)

写真⑦
2F羽子板取替
新しい羽子板金物にとりかえました。今の金物はしっかりしていますね。

写真⑧
19 2階床断熱
旧い家には、断熱材が入っていないので、
できる範囲で断熱材も入れて寒さ対策をします。

最近、台風・地震などの天災が多いので、リフォームするなら
一緒に耐震工事をおすすめします。

住みながら工事もできますし、1981年~2000年に建てられた
住宅でも現行基準には不十分です。


なぜなら、1981年に建築基準法は新耐震基準として、
必要壁量を増加していますが、2000年にも接合部(金物)の
仕様規定と耐震壁のバランス良い配置が法律に追加されているからです。
実際には建物には計算に足されない壁(余力)があるので一概には言えませんが、
新耐震基準だけでは、熊本地震レベルの地震がくれば倒壊の可能性が高いです。

81年以降の建物に耐震を施す場合は、
それ以前の建物よりコストが安く出来る場合が多いので、この築年代の住宅も是非耐震を!

オープンハウスの結果ですが
隣の人しか来ないかもね・・・と短い間の
オープンハウス(改装現場の完成見学)でしたが

予想以上に多くのお客様がご来場くださり
割と近隣の方は工事内容に興味を持っているのが実感できました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました

Envoyer un commentaire

Afficher ce message uniquement à l'administrateur

プロフィール

材木店店長

Author:材木店店長

記事中の写真はクリックで拡大します。


ウェブで 木材の通販 (塗装、組み立てなどの加工 も 可能) のほか、 一級建築士として、住宅の設計施工もしています。フランス語を勉強していた筈なのに、何故? しっくいや無垢の木など、自然素材を使った住宅設計が分野です。


大したことはないですが、昔からの材木族のため、木材の種類には少しは詳しいかも知れません。

趣味は建材のカタログを読むことと、文章を読んだり書いたりすることです。


この世の中にまだない、いいものやいい仕組みを作ることが
できるのではないか,
自分は何かできるのかと発達するウェブの世界をのぞく度、心震えています。



わくわくすることに出会うと、我慢出来ずに没頭するけど、
そんなんで生きて行けるのだろうか。周りの人は大丈夫なのか?


「どんな木材をどこで売っているかに興味をもたれた方は、下のバナーをクリックして下さい。お店のページに飛びます。


川島材木のページにリンク<br />

最新記事
店長のツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ