FC2ブログ

新築住宅―地鎮祭

地鎮祭について


 設計した、新築住宅の地鎮祭を行いました。
(^-^)/
神主 地鎮祭 

 地鎮祭とは?

 工事の安全と、建物完成後の繁栄を願って、  更地になった土地で行う神式の儀式です。

  笹竹(はっぱのついた竹)、を四隅に立て、注連縄(しめなわ)を張って結界を作ります。  「照葉樹林文化」という本によると、竹を立てて聖なる場所とするのは、
インド南部から始まる照葉樹林帯に共通する文化だそうです。日本だけではなくアジア各国にもある習慣なんですね。 

●地鎮祭がどういうものか知りたい向きもあろうと思うので  
簡単に内容を説明します。

 ①竹で縄張りをする(足もとはベニヤ/シート等で歩きやすいように)
 ②祭壇を設け神様にお供物(※)を捧げる。
 ③祝詞をあげる
 ④鎌(かま)・鍬(くわ)・鋤(すき)を盛土に入れて工事の無事をお願いする。
  ※供物=米・酒 季節の野菜果物  など

 ④は地鎮祭ならではの儀式です。
 
  • 1 木で作った鎌(忌鎌)で草を刈り取る仕草をする⇒建築主の役目 お施主さんがいなくては
  •     家は建ちません。
     
  • 2 木で作った鍬(忌鍬)を盛り砂に三度つき立てる⇒設計会社 の役目 土地を均す くわのようにまず家の絵を考えなくては建ちません。

  • 3 木で作った鋤(忌鋤)を盛り砂に三度つき立てる⇒施工会社の役目  深く耕す すきのように家を作る人がいなければ、やはり建ちません。

  •  昔の人はよく考えたものだと感心します。

     よく「人生の岐路に立つ」と言いますが、スピード時代の岐路は 高速道路の緑の看板のごとく 、「走りながら判断する」 「見逃したら、もうアウト」 「何も考えずスマホの指示に従う」ものと成り果ててます。

     最近は儀式は敬遠されがちですが、
    「一度立ち止まる」為に儀式はとても良いと思います。
     日々の感情に流されず、家を作る立場の再確認にもなります。

     もちろん、良い思い出作りのためにも。
     神様って必要なんだなあと頭を垂れながら考えていました。 お供物 地鎮祭


    (お供物の例)

     


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    材木店店長

    Author:材木店店長

    記事中の写真はクリックで拡大します。


    ウェブで 木材の通販 (塗装、組み立てなどの加工 も 可能) のほか、 一級建築士として、住宅の設計施工もしています。フランス語を勉強していた筈なのに、何故? しっくいや無垢の木など、自然素材を使った住宅設計が分野です。


    大したことはないですが、昔からの材木族のため、木材の種類には少しは詳しいかも知れません。

    趣味は建材のカタログを読むことと、文章を読んだり書いたりすることです。


    この世の中にまだない、いいものやいい仕組みを作ることが
    できるのではないか,
    自分は何かできるのかと発達するウェブの世界をのぞく度、心震えています。



    わくわくすることに出会うと、我慢出来ずに没頭するけど、
    そんなんで生きて行けるのだろうか。周りの人は大丈夫なのか?


    「どんな木材をどこで売っているかに興味をもたれた方は、下のバナーをクリックして下さい。お店のページに飛びます。


    川島材木のページにリンク<br />

    最新記事
    店長のツイッター
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ