FC2ブログ

祝!一級建築士合格10周年

早いもので、一級建築士に合格してから10年が経ちました。


 ゴーギャンは、

 我々はどこから来たのか

 我々は、何者か 

 我々は、どこへ行くのか


で幼児から老人に至るまでの人の様を描きました。

ゴーキャンの絵 


改めて、自分を振り返ってみます。


①建築士は どこから来たのか?「合格」からです。

 望みは、「寝ることだけ」だった、受験の日々に戻りたいとは思いません


②建築士とは 何者なのか?


 設計・工事監理は(広さにより)建築士の独占業務です。

 2階建木造住宅100平米以下のものしか、

無資格者は、 建物の設計・工事監理が出来ません。

 どれだけ家に詳しくてもです。


 横浜市の場合、有資格者でないと100平米以下であっても

 確認申請の書類に(有資格者では求められない)配筋図や、コンクリートの

 スランプ値であるとか種々基本的な資料が求められます。


 有資格者は、基本的な事柄について検討の必要がないということでなく

 当然検討をしているだろうということです。


 たまに、申請を簡易にするためだけに、していない工事監理に

 名前を書く事例がありますが、建築士法第2条の2の(職責条項)

 あるいは、建築士24条の2違反に問われる可能性があり、

 このような事例は建築士としての資質を問われる行為という事を

 建築主も、施工者も、建築士も自覚を持たなければなりません。


 医療が医者・看護師その他、本人、の役割分担で出来ているように

 建築の法律は施工者、建築主・建築士それぞれが役割を分担するように

 定めているのです。


③どこへ行くのか?


 車で1時間以内に行ける現場のみで木を活かす住宅・耐震・省エネなど

 地域の建築をしています。

 

 世の中にはほぼ70%できれば上々と

 考える人と、30%も出来ないことがあった。。

 と思う人がいます。上に立って仕事をしていくには、

 前者でないと務まりませんが

 細かい所に目がいかなければ困ります。

 ほぼ、お客様の求めに応じるままで、毎回新しい課題が出てきます。


 どこへ行くのかは、私が教えてほしい位わからないのです。

セッケイイメージ 







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

材木店店長

Author:材木店店長

記事中の写真はクリックで拡大します。


ウェブで 木材の通販 (塗装、組み立てなどの加工 も 可能) のほか、 一級建築士として、住宅の設計施工もしています。フランス語を勉強していた筈なのに、何故? しっくいや無垢の木など、自然素材を使った住宅設計が分野です。


大したことはないですが、昔からの材木族のため、木材の種類には少しは詳しいかも知れません。

趣味は建材のカタログを読むことと、文章を読んだり書いたりすることです。


この世の中にまだない、いいものやいい仕組みを作ることが
できるのではないか,
自分は何かできるのかと発達するウェブの世界をのぞく度、心震えています。



わくわくすることに出会うと、我慢出来ずに没頭するけど、
そんなんで生きて行けるのだろうか。周りの人は大丈夫なのか?


「どんな木材をどこで売っているかに興味をもたれた方は、下のバナーをクリックして下さい。お店のページに飛びます。


川島材木のページにリンク<br />

最新記事
店長のツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ